Return TOP

HotKey Register Plugin

RegnessemのUIウィンドウおよびプロトコルプラグインの動作にグローバルホットキーを関連付けるAddInプラグインです。

Ver 0.0.6 HotKeyR_0_0-6.zip Download
Language Pack(text only) for 0.0.5 Download (日本語だけ使用なら特に必要ありません)

変更履歴

使い方

HotKeyR.dllをPluginsフォルダに入れるだけです。HotKeyRフォルダとiniファイルは自動的に作成されます。
アップデートもDLLを上書きするだけです。
オプションダイアログからグローバルホットキーと動作の関連付けを行って下さい。

ver 0.01とそれ以降では 設定に一部互換性が無くなりました。
その為0.01を使用していた方はホットキーを再設定して下さい。


出来る事

ステータスの変更は指定プロトコルのアカウントすべてまたは、
アカウントを指定して個別に変更する事が出来ます。
名前の変更にはプロトコル、変更後の名前を指定する必要があります。
名前の変更とステータスの変更は同時に行う事が出来ます。

ウィンドウは最小化、閉じる(トレイアイコン化)、元に戻すに対応しています。
元に戻す でフォーカスも戻ります。


設定

ホットキーコントロールの右にある □WIN キー チェックボックスは、そのチェックを付ける事で
ウィンドウズキー(windowsのロゴマークがプリントされたやつ)を押したのと同様の設定を行う事が出来ます。
該当キーが無い場合、代用キーがあるのか呼べないだけなのかはキーボードによって違ってくるでしょう。

あまりに単純な(shiftだけ、ctrlだけ+生キー等)ホットキーを設定すると、他のソフト使用時に問題が出る事がありますので、
その辺りを十分配慮した上で設定して下さい。

動作仕様

現時点ではSimpleUIと偽偽UIに対応しています。
ただ、ウィンドウ操作以外に関してはUIプラグインに関係なく使用出来ます。
他のUIウィンドウに関しては、その存在を教えて頂ければ対応出来るかもしれません。

ホットキーはRegnessemが起動している間だけ有効です。
既に登録済みのホットキーについてはオプションダイアログで設定時に弾いてはいますが、
Regnessemを起動していない時に他のソフトで登録されていると、Regnessem起動時に登録失敗の通知が出ます。


初期設定ではすべてのプラグインが読み込まれてから1秒後にUIウィンドウの検索を始めています。
名前の変更に対応する為にRiched20.dllをロードしています。
HotKeyRのオプションダイアログを開いている間はホットキーを解除しています。閉じれば再登録。
同じホットキーをプラグイン内で複数設定は出来ますが、実際に登録する時には、
後から登録しようとした物が弾かれます。(登録はリストの上から順に)

プロトコルプラグインのログインには現在対応していません。(モジュール化待)
オプションダイアログ(hotkeyの設定)に表示されているリストコントロールはUnicodeに対応してないので、
名前にunicodeな文字があると???とかになりますが、表示の問題だけで実際の動作上は問題ありません。

以上