return top;

reregne Plugin

Regnessemを簡易に再起動させるプラグインです。
終了後から起動するまでの間に指定した場所のDLLをPluginsフォルダにコピーします。

Ver 0.2.2 reregne_0_2-2.zip Download

更新履歴

インストール
DLLをPluginsフォルダにコピーするだけです。

使い方

インストールして起動すると機能メニューにRegnessem再起動という項目が現れます。
選択すると通知ウィンドウが出ますので、その通知ウィンドウをクリックする事でRegnessemの終了および再起動を開始します。
通知ウィンドウクリックで突然終了しますのでご注意下さい。

機能 1  reregneフォルダ

Regnessemを再起動させる前に、Plugins\reregneフォルダにある拡張子が"DLL"のファイルをPluginsフォルダへ"移動"させます。
更新日時に関係なく強制的に上書き移動となりreregneフォルダからは無くなりますのでDLLのバックアップ等にご注意下さい。

機能 2  指定ファイル

Regnessemを再起動させる前に、オプションで指定したファイルをPluginsフォルダへ"コピー"します。
対象となるファイルが、Pluginsフォルダにある同名のファイルよりも更新日時が新しい場合か、ファイルが存在しない場合にコピーが実行されます。

※reregne.dllはRegnessem再起動の為にrundll32.exeから呼ばれている為コピー等は行えません。

オプション
PluginsフォルダへコピーするDLLを指定しておけます。
オプションダイアログへ該当ファイルをドロップするとファイルパスがリストアップされます。
先頭のチェックを外すと記述はそのままでコピー対象から除外する事が出来ます。
ファイルのリストは Plugins\reregne\CopyFileList.txt に記述されます。

return top ? site : page;